「わきが予防・対策のまとめ」へようこそ!
ポータルトップ >  ホーム >  わきが治療  > わきが治療と保険


わきが治療と保険

治療と保険美容外科などのサイトや広告などで費用をチェックしてみると、わきがの手術費用はかなり高額になり事が分かります。
費用が高額な理由は、わきが出術には保険が適用されないからです。
基本的には保険適用外なのですが、一部の病院ではわきが手術に保険が適用される事もあります。

保険が適用されるケースは
切除法や切開剪除法のような大きくメスで皮膚を切開する手術のケースです。
このような手術の場合は、保険適用とする病院・クリニックがあります。
しかし大きく切開する手術で治療しても、保険を使わない・保険適用外とする病院・クリニックがあります

保険適用外の手術の方が儲かるという理由で、保険を使わない病院すらあります。
現在は保険の点数が下がっているため、実費での手術で儲けようと考えている所もあるのです。
手術を行い場合は、保険が使えるのかを調べるようにして下さい。

事前に知っておいて欲しいのは、わきが治療には2種類の方法があるという事です。
それらの治療方法で、保険適用の治療になるのか保険適用外の実費治療となるのかが決まります。
チェックしてみると驚くほど治療費に違いがあります。
保険の適用で負担金額が非常に違います。

一般的な例をあげてみると、切開剪除法でわきが手術を行った場合では、保険が適用されると3~5万円で手術を受ける事ができます。
これが保険適用外の実費治療になると、25~30万円近くの費用がかかります。
比べるまでも無く、このぐらいの差が負担金額に出てしまうのです。

なぜ同じわきが手術なのに、病院・クリニックによって保険事情が違うのでしょうか。
わきがの手術が症状を治すのではなく、悩みを治すものと判断されているようです。
ですので保険が使える使えないといった、曖昧な状況になってしまうのです。

一般的にわきが治療専門の美容外科などは、保険適用外になってしまいます。
どうしても治療を受ける患者からすると、できるだけわきが手術の費用をおさえる保険適用の手術方法や病院を選びたくなります。
しかし保険適用外でわきがの治療・手術を行っている専門病院の方が、手術や治療の経験値が高く治療効果も望めるというメリットがあります。
たくさん治療して手術をしている専門病院の方が、それだけ症例が多いというわけですね。
できることなら保険の適用などを考え過ぎて治療費だけを重視するのではなく、自分にあったわきが治療、そしてわきが手術を選んで欲しいと思います。