「わきが予防・対策のまとめ」へようこそ!
ポータルトップ >  ホーム >  わきが対策  > わきが遺伝と女性がワキガになりやすい訳


わきが遺伝と女性がワキガになりやすい訳

わきがと遺伝いきなり結論をかいてしまいますが、わきがは遺伝すると考えられています。
わきがは病気ではありません。人それぞれの体質です。
病気のように突然わきがになるわけではなく、その素質があるという感じです。

遺伝の中でも優性遺伝と考えられている「わきが」なので、かなり遺伝しやすいわけです。
両親ともにわきがの場合は、約80%という高い遺伝力。
両親の片方がわきがの場合は、約50%という遺伝力。
かなり遺伝しやすいと考えて良いわけです。


ただワキガが遺伝するからと言っても、発症するまでには個人差があります。
早い人の場合は小学生でわきがの症状が出ます。
20代の後半になって、いきなり症状が出たという方もいます。
ですので人それぞれなのです。
親がわきがの場合は、遺伝して自分もわきが体質になっている可能性が高いと考えられます。
ですので早めの治療ないし、食生活での予防などに気をつけましょう。

わきがは女性の方がなりやすいと聞いた事ありますか?

実は女性の方がワキガになりやすい体質なんです。

驚きましたか?
多くの人は、わきがって男性のしかも中高年で濃いいタイプの人に多いと勘違いしています。
実は女性の方がなりやすいんです。

女性は男性に比べてアポクリン汗腺の数が多いんです。
アポクリン汗腺はわきがの原因ですよね。
その汗腺の活動もホルモンの関係上活発なのです。
男性より女性の方が皮下脂肪も溜まりやすいですよね。
皮下脂肪が皮脂腺やアポクリン汗腺を刺激する作用があり
わきがの原因となる汗を出させてしまいます。
そして汗腺も活性化されてしまいます。

このように男性より女性の方がなりやすい体質だと理解できたと思います。