「わきが予防・対策のまとめ」へようこそ!
ポータルトップ >  ホーム >  わきが予防  > わきがとは?


わきがとは?

わきが予防わきがとは一般的に「臭汗症(しゅうかんしょう)」もしくは「腋臭症【えきしゅうしょう】」のように呼ばれています。
脇の下には2つの汗腺、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があり、そのほかに分泌腺の皮脂腺があります。
2つある汗腺ですが、それぞれ全く異なった働きをしています。

わきがの原因がココに隠されています。

まずエクリン汗腺ですが、ここから出る汗は暑い時や激しいスポーツをした時などに出ます。
この汗は体内の熱を放出させる働きがあり、とても重要な役割なんです。
日本の夏はどんどん暑くなっていますが、こんな暑さの中でも汗をかかない人がいます


こうなると熱が体内にこもってしまい、他の病気を引き起こします。
汗をかいて体温を調節しているんですね。
この汗は俗に『良い汗』とも呼ばれていますが、臭いが無く99%が水分で、1%が塩分で構成されているんです。
多汗という言葉を聞いた経験がある人もいるかと思いますが、この多汗はエクリン汗が大量に放出される症状です。

汗かきだからわきがだ!という誤解をしないようにして下さい。

アポクリン汗腺は、ちょっと難しく言うと「毛根を包む上皮組織である毛嚢に付属している汗腺」の事です。
アポクリン汗腺から出る汗は、粘り気があり俗にいう「悪い汗」です。
成分ですが、主に...鉄分や蛍光物質、脂肪やアンモニアからできています。
この汗自体には特に強い刺激のある臭いはありません。
ですが汗に含まれる分泌液が、脇の下の細菌に分解されて「わきが臭」となるのです。
あの独特な臭いは、細菌がだったんですね。
元来この汗は、異性を引き付けると言われているフェロモンの役割があったと言われています。
もしかしたら今でも本能的に、このような動物的感覚が残っているのかもしれません。

わきがは分泌液がわきの下の細菌に分解される為に起こる現象ですが、アポクリン汗腺の量が多く活発だとドンドン臭くなります。
初めにも書きましたが、脇の下には皮脂腺があります。
そこから分泌された脂分とアポクリン汗腺から出た汗が混ざり合い、脇の下で最近に分解されるんです。
そしてあのような独特な臭いを放つようになります。

要するに
わきが臭の強い人は原因となるアポクリン汗腺が多い人
なのです。

これは体質なので、本当に人それぞれです。