「わきが予防・対策のまとめ」へようこそ!
ポータルトップ >  ホーム >  わきが手術  > わきが手術のリスクと必要性


わきが手術のリスクと必要性

わきが手術のリスクわきが手術のリスクは非常に大切です。
ここではそのリスクと必要性について紹介してきます。

一般的にはわきがの対処法として、薬やサプリメント、制汗剤やワキの下を清潔に保つ事などがあります。
多くの人がそれらを実践して悩んでいると思います。
でもそれらの対処法はその場しのぎ。
一時的な効果しか得られません。
根本的にわきがを治すには、手術で原因となっているアポクリン汗腺などを完全に取り除くしかありません。
薬やサプリメントなどでは、わきがの原因を完全に乗り除けないのが現状なのです。

わきがの原因となるアポクリン汗腺を取り除くには、どうしても手術が基本になります。
ただ例え数ミリだったとしても、メスを使う手術ですから、合併症や後遺症、再発や傷痕などのリスクが発生してしまうのも事実です。
ですがめまぐるしい医療の発展に伴い、後遺症や再発の心配がなくなってきているのも事実です。
数センチだった切開部分も数ミリになり、手術後の傷跡もほとんど残らない手術方法が増えています。

このように昔と今とではわきが治療手術は大きく変わってきています。
わきがを完全に根本的に治したいのであれば、わきが手術に抵抗を感じていた方も、手術という治療方法も考慮してみて下さい。

わきが治療手術は、症状によって変わります。
重度のわきがの方はリスクもありますが、メスで切開する手術法を行う方が効果的だと考えられています。
アポクリン汗腺などが完全に取り除かれない為に、キッチリ行う必要があるからです。

また軽度から中度のワキガ症の方でしたら、超音波法や吸引法などのリスクが少ないと言われている手術法がお薦めになります。
大きな傷跡にもなりませんし、短時間で終了する手術が多いので、これらの手術が向いていると言われています。

コンプレックスのない笑顔リスクを考え過ぎると、自分のわきが症状に対して誤った治療方法を選んでしまう可能性があります。
重度の方なのに超音波法などを選んでしまうと、数年後に再発する恐れがあります。
せっかく覚悟を決めて手術を行うのですから、完全に治る治療法を選んで、期待した効果が得られるようにしたいですよね。
そのためにはどうしても医師の力が頼りになるのも事実です。
手術の前にしっかりとカウンセリングをして、必要とあれば他の医療機関を訪れ、納得のいく手術法や治療法を選びましょう。
長い間悩まされ続けた「わきが」とおさらばするわけですから、面倒くさがらずにキッチリと納得するまでカウンセリングしましょうね。
そして早くそのコンプレックスを無くして、笑顔で過ごせるようにして欲しいと思います。