ようこそ! 「リンパマッサージのススメ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  リンパ マッサージの方法やり方  > リンパマッサージをお風呂で~実践編


リンパマッサージをお風呂で~実践編

お風呂で体を温め、リンパマッサージをする準備が整ってからの実践編です。
お風呂に入ってスグに行わないようにしましょう。
きちんと血液やリンパ液を巡らせて、リラックスしないと効果的ではありません。
焦らずゆっくり半身浴して下さいね。

それではリンパマッサージの方法やり方に移ります。
お湯に浸かっているとマッサージしやすいと思います。
乾いた肌の場合はオイルが必要ですが。
スグにのぼせてしまう人は、洗い場で行いましょう。
十分体を温め、冷えないよう気を使って下さいね。

ちなみに、お風呂上りにマッサージする人も多いかと思います。
その場合も湯冷めしないよう心がけて下さい。
湯冷めしてからやっても効果は期待できません。
筋肉が委縮してしまうからです。

まずはリンパ液の流れをイメージします。
下から上へ...ですから、まずやる箇所は足先です。
足の指の付け根から始めましょう。
円を描くように、さすったり押したりして下さい。
それから足首やくるぶしへと移動します。

次にスネ・ふくらはぎをやります。
下から上へ撫でるか擦り上げます。
スネは優しくで構いませんが、ふくらはぎは少し力を入れて引き上げてみましょう。

足先から集まったリンパ液は、ヒザに集まってきます。
ですからヒザも十分マッサージします。
押したり摩ったり、円を描くようにマッサージして下さい。
軽く揉んだりしてもOKです。
ヒザの周りだけではなく、ヒザの裏も忘れずに行いましょう。

そして最後に太もものマッサージです。
足の付け根へとリンパ液を流すイメージです。
内側外側の両方をやりましょう。
両手でやると内も外も同時にできますね。
太ももを上下2分割した感じで、ゆっくり行いましょう。
円を描くように擦り上げたり引き上げていきます。

基本的には通常のリンパマッサージと同じやり方になります。
当サイトでも紹介していますので、ぜひご覧下さい。