ようこそ! 「リンパマッサージのススメ」へ
ポータルトップ >  ホーム >  リンパマッサージでダイエット  > リンパマッサージで二の腕のたるみ解消


リンパマッサージで二の腕のたるみ解消

ダイエットに励んでも、二の腕のたるみが解消されないアナタ!
手を振ると、そこがプルプル揺れたりしちゃって、ちょっと恥ずかしいと。
もしかしたら手の先端でリンパ液が滞っているのかもしれません。
単なる脂肪の可能性は大ですが。
リンパ液が滞っている状態にも、そのようになるので注意が必要です。

手の先から腕や肩へ流れるリンパ液は、鎖骨のくぼみにあるリンパ節を経由して心臓へ流れています。
この鎖骨のくぼみへ流れる前に、脇の下にあるエンカリンパ節に集まるのです。
ということは、いくら鎖骨付近を刺激しても
その手前で滞っていたら意味がありませんね。
手の先から集まってきたリンパ液が、脇の下で滞る。
ちょっと怖い気持ちになります。


手の先端やワキの下でリンパ液が滞っていると、肩こりなども引き起こします。
そのような場合は、腕やワキの下を刺激してあげると解消されるんです。

やり方を説明します。
まず腕を上げて、逆の手のひらを使います。
ワキの下は心臓へ向かって手を動かしたり、円運動を繰り返します。
ワキの下というより、脇のちょっと下にあるくぼみです。

このリンパマッサージにより、二の腕のたるみだけではなく、美しいバストラインを作ったり、乳がん予防などの効果も期待できると言われています。
最近、若い世代の乳がん発症率がどんどん高くなってきています。
食生活を見直すなどは当然ですが、リンパマッサージでも予防してみて下さい。
リンパの流れを促進するために、肩を前後に大きく回すのも効果的です。

それでは次に腕のリンパマッサージ方法を説明します。
方向は、手の先端から肩への上方向です。
これに逆らう事無くやりましょう。
下から上へ、優しくさすりあげる感じでマッサージします。
マッサージのコツですが
手の先から肩まで一気にやらない事
まずは手の先からヒジまで。
ヒジの内側のくぼみも、軽く手を当てて刺激します。
次にヒジから腕の付け根へ。
腕の内側も外側もやりましょう。
二の腕も忘れずに!

これで腕のリンパ液は滞る事無く流れていきます。
簡単なマッサージなので、10回を目安に3回/日ぐらいやってみて下さいね。