姫(ラブリー)系ネイル

姫(ラブリー)ネイルで可愛くキメる

姫(ラブリー)ネイルサンプル 姫(ラブリー)ネイル好きな人って多いですよね。 年齢層が若干低め?!なのは当たり前ですが(笑) ですが女性はいくつになっても可愛いモノが大好き。 チャレンジしたいと内心思っている方もいるんじゃないでしょうか。 そうは言っても、自分でやるにはかなり難しい姫(ラブリー)系ネイル。 ネイルサンプル画像を見たら分かりますが、かなり複雑なデザインです。 3Dなんてデキナイ!というのがごく一般的な本音でしょう。 ネイル動画にも3Dをやっている動画があります。
ちょっと短めですしネイリストが簡単に仕上げてしまっていますが、ぜひ参考にしてみて下さい。 見よう見真似で練習するのも、ネイル上達の秘訣です。 両利きじゃ無い限り、かなり難しいはずですが…。

姫(ラブリー)ネイルで注意したい事

姫(ラブリー)ネイルサンプル

昨今の成人式などには、姫(ラブリー)系ネイルの似合う着物がたくさん。 着物が和だから、ネイルも和と拘らなくない人も多いですよね。 ただ、やはり普段の生活の中で姫(ラブリー)ネイルをやるのは注意して下さいね。 やっぱり服装とアンバランスだと、かなり爪が浮いて見えてしまいます。 他のどんなネイルに関してもそうですが、ご自身のファッションにあうネイルを選びましょう。 服装も姫(ラブリー)系で可愛い系のファッションを好む方は問題ありません。

それから期間も注意が必要です。 期間と言うのは、姫(ラブリー)系ネイルを継続する期間です。 これはもう先の話の続きのようですが、ファッションとの兼ね合いが問題となります。 当たり前ですが、会社勤めをしているようなOLさんは恐らく難しいでしょう。 あの姫(ラブリー)ネイルで仕事してるなんてありえませんし(笑)

これらの問題を解決するには、やはりデザインを控え目にした姫(ラブリー)ネイルでしょう。 リボンやハート、バラやレースなどをガッツリ使った姫(ラブリー)ネイルは控えましょう。 基本的にカラーはピンクと白が多いと思うので、カラーに関してはそこまで問題ではないようです。

姫(ラブリー)ネイルサンプル画像

ラブリーネイルサンプル ピンクグラデーションにワンポイントにぷっくりリボン。リボンを全ての指にではなくワンポイント的に使いました。 他の指にハートやバラを使っても良いのですが、このぐらいがちょうど良い?!
ラブリー(姫)系のネイルにしたいけど、会社にはちょっと…という方。このようなワンポイントのリボンはどうでしょうか。 これなら会社でも「可愛いね」でOKだと思います。 もうちょっと入れたい方は、上の画像にもあるようにハート入れてみるのも良いかもですね。 やり過ぎると会社に行けなくなるので注意です(笑)



ジェルネイルに関するネット売れ筋ランキング
powerd by 楽市360