ようこそ! 「簡単なダイエット方法と種類」へ
ポータルトップ >  ホーム >  痩せる薬  > 痩せる薬と漢方


痩せる薬と漢方

近頃は漢方薬が身近になっていますよね。
ですから日常的に服用している人も多いかと思います。
服用した経験が無い人には、漢方なんて効かないよ!という思いがあるのも事実。
どうなのでしょうか。
漢方薬とは?という事から紹介していきます。


ご存知の通り、漢方薬は中国のものです。
数千年の年月をかけて、症状に合った生薬の組み合わせを生み出したといわれています。
数千年と言われても想像付きませんが、ツムラでもそう紹介されています。
最近では健康保険で、医療用漢方製剤が使えるようになっています。
病院で処方してもらえると、かなり安くなるんです。
これが医療用漢方製剤です。
ちょっと難しくてややこしい話でしたが、そんなもんだと思って下さい。


さて本題に入りますが、痩せる薬としての漢方薬とは?
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)です。
俗にいう62番というモノです。

「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」は、肥満症で便秘がちな人によく用いられ、発汗・利尿・便通作用等により「高血圧の随伴症状」、「肥満体質」、「便秘」等を改善すると言われています。

漢方とはいえ服用前に、医師に相談しなければいけない人もいます。
妊婦または妊娠していると思われる人や、体の虚弱な人、胃腸が弱く下痢しやすい人や高齢者などなど。
素人が勝手に判断してはいけないという事ですね。

さて、皆さんも知りたいであろう『ダイエット効果』について・・・
一概には言えない!
この言葉がピッタリだと思います。
数週間で5キロ痩せた!という人もいれば、全く痩せなかった!という人もいます。
私の周りにも飲んでいた人がいましたが、気が付けば服用を中断していました。
恐らく、期待していたような効果が得られなかったんだと思われます。

漢方薬だけ飲めば痩せれる!とは思わず、ダイエット方法の中の歯車の1つぐらいに考えていた方が良いのかもしれませんね。
便秘に悩む方は、病院で相談してみては如何でしょうか。