ようこそ! 「簡単なダイエット方法と種類」へ
ポータルトップ >  ホーム >  キャベツダイエット  > キャベツの効果的な食べ方


キャベツの効果的な食べ方

キャベツダイエットをするにあたり、効果的な食べ方があります。
これから紹介するものが、基本的なルールです。
これらのルールを踏まえた上で、ダイエットを行いましょう。
無駄に頑張るダイエットはツラいだけです。
出来る限り楽をして痩せましょう!


t01.jpg
3食の食事直前にキャベツを食べます。
その時の量は1/6個です。
季節によってはキャベツの大きさが変わる可能性があります。
だいたいですが80gだと思って下さい。
もっと早く痩せたい!と思うあまり、キャベツの量を増やす人がいます。
そうなると食事が食べられなくなりますので、気を付けて下さい。

かなりの大食いだった人だと、1/6個では足りないかもしれません。
でもキャベツを食べる事により、以前より食事の量は減るはずです。
食事の量を我慢しないで減らすのが目的ですから、あまり無理はしないで下さい。

キャベツ1/6個で約18kcalあります。


t02.jpg
キャベツはざく切りが良いようです。
千切りのように歯ごたえの無い状態ですと、満足感が得られないようです。
ボリボリとよく噛むと、満腹中枢が刺激されますから。
それにより食事の量も減っていきます。


t03.jpg
基本的には生で食べます。
熱を加える事により、ビタミンCが破壊されるからです。
キャベツダイエットの大きな利点でもある『豊富な栄養価』が損なわれてしまいます。
出来るだけ生で食すようにして下さい。

また茹でたりすると柔らかくなって、歯ごたえが無くなります。
これですと満腹中枢への刺激が減りますよね。


t04.jpg
満腹中枢への刺激と消化の問題から、やはりよく噛んで食べましょう。
1/6個を食べるのに、約10分ぐらい必要となります。
早く食事をしたいからと言って、よく噛まずに食べ終わるのはNGです。
とにかく10分以上、キャベツを噛んで噛んで噛みまくって下さい。
これができるようになると、その後の食事の量はかなり減ります。
ゆっくりよく噛む!これを忘れずにして下さい。


t05.jpg
春キャベツなどは、そのまま食べても美味しいですよね。
でもいつもいつもですから・・・正直飽きてしまうと思います。
キャベツによっては『えぐみ』も出てしまうでしょう。

でもそうだからと言って、マヨネーズなどを付けたりしないで下さい。
基本は『ノンオイル』です。
今は様々なノンオイルドレッシングが売られていますよね。
それらで結構です。
また、醤油やポン酢などもお薦めです。


これらの基本ルールを守って、楽して痩せましょう。
3ヶ月できっと減量が体感できますよ!